メイケロのブログ

 メイケロの自宅カフェ

    自宅オフィスをカフェに改装しようとたくらむブログ

ブレンド茶って奥深いなぁと思う。爽健美茶や十六茶のようなブレンド茶のレシピが家庭から生まれるかも?

 

肉食系とか、草食系とかどうでもいい。出汁が効いているかが大事だ、と思う今日この頃です。

 

さて、先日、ガラスの急須を購入して、薄緑や黄金色のお茶がガラス瓶の中に染み出していくのを眺めるのが楽しくてしょうがありません。

 

ガラスの急須にかかれば、緑茶すらおしゃれアイテムです。

 

コーヒー派の僕は以前、「コーヒーはドブ水のようだ」と言われているのを聞いて、美味しいのだから構わないと思っていました。ですが、ガラスのコップに入れてみると、確かに単調なコーヒーよりも色の変化・透明感のあるお茶の方が綺麗に見えるようです。

 

僕のお茶生活は始まったばかりで、まだまだスーパーのお茶でも楽しめます。でもゆくゆくは、『シェフの気まぐれブレンド茶』みたいに、いくつかの茶葉を取り揃えて置いて独自ブレンドができたら面白そうです。

 

クックパッドでもブレンド茶のレシピはあまりありません。研究のしがいがありそうです。

 

お茶はいわゆるお茶っぱだけでなく、野草やハーブなどから作ってみた人もいるようです。

 

また、紅茶の属するのかもしれませんが、花やドライフルーツなどを浮かべるブレンド茶もあるようです。何やら、ブレンド茶道は奥深いようです。

 

なお、この記事にとって完全に蛇足ではありますが、ネット情報によれば、2015年頃に昆虫から出汁をとったラーメンというものが売られたことがあるようです。

 

虫食が食糧危機を救うなどと言われていますが、虫出汁が創作料理の世界に新たな風を吹かせるなどと考えていたら、背筋が寒くなりました。

 

ブレンドはほどほどに。

 

 

 

読んでくれてありがとうございます。よかったら読者登録をお願いします。

ガラスの急須を買った。体は無限の茶葉でできている…かもしれない

 

鍋を始めて、出汁(だし)にこだわることを覚えた。その後、お茶漬けのお茶はどんな出汁なのだろうと考える流れで、お茶葉に興味が出た。

 

急須を探しに行ったら、何となくどれも年寄りくさくてピンと来なかったけど、最終的に透明なガラスの急須がとても気に入った。

 

HARIO (ハリオ) 茶茶 急須 丸 450ml CHJMN-45T

HARIO (ハリオ) 茶茶 急須 丸 450ml CHJMN-45T

 

 

昆布のだしが出るのを待てるのであれば、お茶を入れる時間を待つのはわけがない。

 

これまで、もっぱらインスタントコーヒー派でコーヒー豆から抽出するのを待てないほど即物的だったけど、お茶の場合、出汁だと考えると自然と待てる。

 

ちょっと、気持ちに余裕があるのかもしれない。

 

最近、パセリやほうれん草とか自宅で作れるものを栽培したいと思っている。もしかしてお茶っぱも育てられるかと思ったけど、そう簡単ではないらしい。

 

スーパーで売っている100gのお茶葉パックを作るために、2kgの茶葉が必要で、作付け面積としては10㎡ぐらいのようだ。また、どちらかと言えば暖かい地方で栽培されることが多いらしい。

 

とはいえ、北海道でのお茶の栽培例もあり、下記のホームページでは茶の栽培の北上が予言されている。ちなみに世界中でもお茶栽培の最北端は北海道らしいです。

 

https://i0.wp.com/kyo-kure.com/wp-content/uploads/2013/05/jikoutyasamitto.png

参考:国産紅茶の産地はどのくらいあるのか | 京都紅茶道部

 

あまり農業には詳しくないので、どうしても食べられるものを育てるのが農業というイメージだったが、お茶栽培も立派な農業である。

 

何が?と言われると苦しいけど、お茶を入れる間、お茶の栽培から乾燥・抽出まで考えていると楽しい。お茶栽培のオリジナルはあまり庶民的には思えなくて、ちょっと優雅な気分になる。

 

 

 

読んでくれてありがとうございます。よかったら読者登録をお願いします。

ネタバレしたい日常系アニメ『氷菓』が実写映画として11月3日から公開!”ひょうか”しちゃうぞ!

 

もう最近、趣味といえばNETFLIXでの一気見といえそうです。

 

ここ数日でわりと気に入ったのが、2012年に放送された『氷菓(ひょうか)』というアニメ作品です。アニメーション制作は『けいおん!!』でおなじみ京都アニメーション

 

地方の県立高校生の帰宅部か文芸部といった雰囲気の「古典部」での男女4人の何気ない日常の様子が描かれたほっこりとするアニメです。

 

見ていると本当に公立高校生の日常の事に思えるのですが、原作はミステリー小説だそうで、言われてみればちょくちょくミステリー要素が登場する作品です。とはいえ、金田一少年の事件簿のように人が死にまくるという事はなく、その辺やはり日常系です。

 

さて、タイトルの『氷菓』ですが、これは「古典部」のほぼ唯一の活動といえる文化祭の出し物の文集のタイトルで、45年の伝統があります。アニメの2話から5話ぐらいまでは、この由来に迫る話で、登場人物の性格や作品の世界観がよくわかる素晴らしいストーリーでとても引き込まれます。

 

もし時間があれば、初めの方だけでも観ることをオススメしたい作品です。

ネタバラシしたいところですが、やめておきたいと思います。

 

普通の高校生たちの日常が心地よい作品です。安心して見ることができます。不思議とつまんなくはなくて、僕も公立高校の卒業ですが、その雰囲気に浸ることができました。見終わった後も、空気感が自分を包む感じでなんだか幸せです!

 

2017年11月3日から山崎賢人広瀬アリスらの主演で実写映画が公開されるようです。タレントさんの力はすごくてPVだけで既に公立高校のほっこり感が失われていますが、ストーリーは文集『氷菓』の名前の由来のところで、上でもオススメした部分です。

 

「いい映画だといいなぁ」と期待しています。

 

 

 

読んでくれてありがとうございます。よかったら読者登録をお願いします。

新型スーパーカブの燃費がリッター105kmだって!すごくない?おまけにヘッドライトの丸目復活で、国内生産回帰だって!

 

ニュースで年に1回ぐらいは見ているような気がしますが、ホンダのバイクの代名詞と言われるようなスーパーカブが新型発表です!

 

流し見していましたが、今年はすごかった!

 

スーパーカブと言えば、新聞配達の人のバイクですが、数年前にヘッドライトが四角に変更になって中国製になったとニュースになっていました。

 

そのおじさんバイクが、若者向けのポップな黄色のニューカラーを携えて日本の熊本工場生産、プラス、丸目ヘッドライトで帰ってきました!

続きを読む

出汁(だし)に魅せられた!鍋に昆布1枚浮かべて、沸騰する寸前で取り出すのは『おまじない』じゃなかった件

 

高校を卒業して以来、一人暮らしが長いのですが、ずっと小分けの味噌汁パックを愛用してきました。

 

上京してすぐの時に大根の味噌汁を作って、あまり上手くいかなかったこともありまして。。それ以来、小分けのパックが合理的な方向と考えてきました。。

 

そんな折、つい先日、出汁(ダシ)の素晴らしさ・奥深さを知り、やたらめったら「だしを取りたい」という思いに取り憑かれてしまいました。

続きを読む