メイケロのブログ

 メイケロの自宅カフェ

    自宅オフィスをカフェに改装しようとたくらむブログ

iOSアプリを公開してみて分かったこと。モノづくりと売ること。

 

ビジネス書を立ち読みしていて腑に落ちなかったことが、iOSアプリを販売してみて色々とわかるようになった。

 

例えば、ビジネス書のタイトルで「100円のコーラを1000円で売る方法」などとあった時に、アプリの販売で考えるとその意味がとてもわかりやすい。

 

iOSアプリでは、値段を自由に決められる訳ではなくて、0円・120円・240円から1200円まで120円刻み、それ以上は刻みが大きくなって最大価格は118,800円をつけることができる。

 

私の場合はアプリを120円で売った場合は、月間1,650本、年間で20,000本を目標としている。これが、1,200円で値づけできるなら、月間165本、年間2,000本の販売で済む。

 

20,000本より、2,000本はさらに身近な数字に感じられる。単純だが、やる気が湧いてくる。

 

人のものを売るのであれば、販売の方法の工夫としてビジネス書を読める。また、iOSアプリは自家製なので、品質の調整で価値をあげることもできる。

 

とりあえず、作ってみた。というところから、値付も考えた開発の方向性も見えてきた。また、値段と売る目標の本数が決まれば、どうやって売るかということも考えてPDCAも回しやすい。

 

とても小さなビジネスではあるけれども、商品・製品の開発から価格設定・広告販売戦略まで俯瞰して考えることができる。

 

近頃はなかなか難しいと聞く、中小企業的な一体感のある開発が楽しめる。自分は断然こっちだなと思う。

 

 

 

読んでくれてありがとうございます。よかったら読者登録をお願いします。

Python(パイソン)ついにサーバーで動く!はろ・ワールド!書籍レビュー記事です

 

ついに、念願のサーバープログラムの第一歩を歩み始めました。

 

Hello World!」という出力は、プログラミングをして一番初めに表示するお約束の文字となっていて、「ようやく動いた」という開発者の感動のつまったものなのです。

 

シンプルなので、なかなか他の人には感動が伝わりにくいのですが。

 

今回の Hello World !Pythonというプログラミング言語で書いたサーバープログラムがインターネット経由で「こんにちは」と返してくれたよ。という個人的に過去最大級の Hello World ! なのですが、やはり伝わりにくいですね。

 

f:id:meikellog:20180214182702j:plain

続きを読む

「自鯖風(自宅サーバー風)」が自分にとってのツボだった件|wimax と mac で webサーバー

 

先週、iOSのアプリをリリースしました。

次のチャレンジとして、サーバーとの連携を図ったアプリ の開発を決めました。

 

ところが連携サーバーを、自宅サーバーにしたいなどと思ったのが、間違いと苦労の始まりでした。サーバーのセットアップで時間をとってしまい、前回の記事では「レンタルサーバーでいいじゃん」などと、やや腐っていました。

 

ですが、ついに自宅サーバーとレンタルサーバーのハイブリッドである「自鯖風(自宅サーバー風)」の境地にたどり着いたので、その辺のお話をしたいと思います。

続きを読む

『オレオレ証明書』『オレオレ認証局』が哲学的すぎてよくわからない…/(+_+)/

 

ボキャブラリーが増えちゃった。

 

突然ですがオレオレ証明書とは、

1. SSL等のPKIにおいてクライアント側で検証できない(認証パスを辿れない)サーバ証明書

2. 1 のうち特に不適切な場面で使われるもの。

   はてなダイアリーキーワードより) 

 

ちょっと説明しろと言われてもなかなか難しいので、この言葉との出会いからお話させていただきます。

 

続きを読む

ブックマークに感謝!世界の人口を考えたら、アプリが年間2万本くらい売れてもいいはずと思えた話。

 

皆様。先日のiOSアプリ『4コマこれくしょん!!』リリース記事のブックマークをありがとうございます。おかげさまで(何故か)、中国・ドイツで大人気です!

 

 

App storeは不思議な世界で、世界の150カ国以上に何の気なしにアプリをリリースできてしまいます。日本語版しか出していないはずなのに、何故か海外でダウンロードする人がいたりします。

 

続きを読む