メイケロのブログ

 メイケロの自宅カフェ

    自宅オフィスをカフェに改装しようとたくらむブログ

最近の自動車の運転支援技術(クルーズコントロールやレーンキープ・駐車アシスト)がすごい!ハンドルが動くレベル!

 

昨年末、Googleが完全自動運転車の開発から撤退するというショッキングなニュースが流れました。

autoc-one.jp

 

都心に住んでいて、自家用車からは縁のない生活をしている方にしてみれば、「ああ、そうか自動運転バブル終わったか」という感想をもったのではないかと思います。

 

ところが、近頃の自動車業界の先端技術をみてみると、どうもそうではないようです。

 

むしろ、いつの間にか既に自動運転に限りなく近いものが実車に導入されていたというような状況です。例えるなら、軍事大国が崩壊して、闇市場で技術が拡散したみたいな想像をしたくなるようなシチュエーションです。

 

自動車のハンドルが勝手に動くと聞いたらこれまでの自動車に慣れている人なら、

「キモ!」と思うでしょうがそんな技術が昨今の新車販売では隠れたウリになっているようです。

 

自動運転について少し確認してみると、アメリカの自動車技術会(SAE)では、技術の難易度に従って次のように技術レベルを定めています。

 

f:id:meikellog:20171129204618j:plain

(出典:日本経済新聞web記事 2017/7/11)

 

Googleが目指していたのはレベル5の運転手不要の完全自動運転ですが、ここ最近の自動車に搭載されているのは、事故の際にメーカーが責任をギリギリ取らなくて済む、レベル2の技術になります。

 

実際にどういう技術かというと、高速道路で前に走っている車を自動で追尾するクルーズコントロールや、走行レーンからはみ出しそうになると修正するレーンコントロールなどが該当します。警告音がなるものと、アクセル・ハンドルの微修正を行うものがあるようです。

 

人が運転の主体であることから、運転席で着座し、ハンドルに触れている必要があります。が、極短時間(10秒くらい)ならレベル3に該当する条件付きの自動運転となるというシステムの不備をついた方法で手放し運転を行い、YouTubeなどの動画にアップロードするドライバーも現れています。

 


Cadillac Super Cruise Hands Free Highway Driving

 

昔の自動車からは想像もつかない技術であり、興味がある一方、新たな事故につながったり、巻き込まれたりしないように願うばかりです。

 

P.S.こんな口コミも

価格.com - 『プロパイロットで手放し運転?』 日産 セレナ 2016年モデル のクチコミ掲示板

 

 

読んでくれてありがとうございます。よかったら、読者登録をお願いします。

どうも、自分はトヨタのカローラアクシオという車が気に入ってしまったらしい…

 

数年〜10年に一度ぐらいの頻度で起きるのですが、近頃、車を買うならこれだ、というものを真剣に考えていました。

 

 

それで、色々考えたのですが、自宅のマンションに駐車場の空きがないため、近隣に青空駐車が第一の条件になります。

 

近隣の月極駐車場が月額10,000円くらいですが、屋根やシャッター付きの駐車場というのは、賃貸では驚くほどないようです。駐車場の空きはそこそこ見つかるので、駐車場代+維持費を見込めば車2台体制も可能な環境です。

 

青空+近隣の条件で考えると、あまり高級車を停める環境は作れなそうです。野ざらしにして惜しくない車がいいのです。自動車の用途としては、近隣への移動は原付で間に合うので、100km 超えのやや遠出に対応したものがよく、仕事で乗ることもあると思います。

 

それで、スバルのインプレッサとか、ホンダのシビックとか、トヨタカローラアクシオとか、軽自動車とかその辺が候補になりましたが、決め手は色をシルバーにするとカローラアクシオが最も営業車っぽく見えることでした。

 

ちなみに、カローラアクシオはハイブリッドの設定もあって、新車で乗り出し180〜290万円ぐらい。中古車で110〜150万円ぐらいです。数年で、中古車は70~80万円ぐらいになると予想しています。ガソリン車なら、近頃の軽自動車とそんなに変わらない感じです。

 

前回、選んだ時と今回の選び方で最も変わった点が、車を乗りつぶすことを真剣に考えたことです。10年ぐらいと思っていましたが、資料によると最近の車は長持ちで、登録から廃車まで平均13~14年ぐらいみたいです。

 

もし、15年乗ると考えるとライフステージの移り変わりの中では結構長いです。そんな訳で、飽きたら営業専用車にして、別に買い足せば良いと考えました。

 

ちなみに、今週の木曜日にレンタカーでカローラアクシオを借りて走ってみましたが、特に面白みはなく、ちょっといい営業車という感想でした。

 

僕の候補となっているのは、カローラアクシオ1.5Gの2017年型でシルバー外装、黒内装のマニュアル車です。新車コミコミ220万円。つまらないよー。

 

f:id:meikellog:20171125214759p:plain

(出典:toyota.jp)

 

 

読んでくれてありがとうございます。よかったら読者登録をお願いします。

 

 

ブレンド茶って奥深いなぁと思う。爽健美茶や十六茶のようなブレンド茶のレシピが家庭から生まれるかも?

 

肉食系とか、草食系とかどうでもいい。出汁が効いているかが大事だ、と思う今日この頃です。

 

さて、先日、ガラスの急須を購入して、薄緑や黄金色のお茶がガラス瓶の中に染み出していくのを眺めるのが楽しくてしょうがありません。

 

ガラスの急須にかかれば、緑茶すらおしゃれアイテムです。

 

コーヒー派の僕は以前、「コーヒーはドブ水のようだ」と言われているのを聞いて、美味しいのだから構わないと思っていました。ですが、ガラスのコップに入れてみると、確かに単調なコーヒーよりも色の変化・透明感のあるお茶の方が綺麗に見えるようです。

 

僕のお茶生活は始まったばかりで、まだまだスーパーのお茶でも楽しめます。でもゆくゆくは、『シェフの気まぐれブレンド茶』みたいに、いくつかの茶葉を取り揃えて置いて独自ブレンドができたら面白そうです。

 

クックパッドでもブレンド茶のレシピはあまりありません。研究のしがいがありそうです。

 

お茶はいわゆるお茶っぱだけでなく、野草やハーブなどから作ってみた人もいるようです。

 

また、紅茶の属するのかもしれませんが、花やドライフルーツなどを浮かべるブレンド茶もあるようです。何やら、ブレンド茶道は奥深いようです。

 

なお、この記事にとって完全に蛇足ではありますが、ネット情報によれば、2015年頃に昆虫から出汁をとったラーメンというものが売られたことがあるようです。

 

虫食が食糧危機を救うなどと言われていますが、虫出汁が創作料理の世界に新たな風を吹かせるなどと考えていたら、背筋が寒くなりました。

 

ブレンドはほどほどに。

 

 

 

読んでくれてありがとうございます。よかったら読者登録をお願いします。

ガラスの急須を買った。体は無限の茶葉でできている…かもしれない

 

鍋を始めて、出汁(だし)にこだわることを覚えた。その後、お茶漬けのお茶はどんな出汁なのだろうと考える流れで、お茶葉に興味が出た。

 

急須を探しに行ったら、何となくどれも年寄りくさくてピンと来なかったけど、最終的に透明なガラスの急須がとても気に入った。

 

HARIO (ハリオ) 茶茶 急須 丸 450ml CHJMN-45T

HARIO (ハリオ) 茶茶 急須 丸 450ml CHJMN-45T

 

 

昆布のだしが出るのを待てるのであれば、お茶を入れる時間を待つのはわけがない。

 

これまで、もっぱらインスタントコーヒー派でコーヒー豆から抽出するのを待てないほど即物的だったけど、お茶の場合、出汁だと考えると自然と待てる。

 

ちょっと、気持ちに余裕があるのかもしれない。

 

最近、パセリやほうれん草とか自宅で作れるものを栽培したいと思っている。もしかしてお茶っぱも育てられるかと思ったけど、そう簡単ではないらしい。

 

スーパーで売っている100gのお茶葉パックを作るために、2kgの茶葉が必要で、作付け面積としては10㎡ぐらいのようだ。また、どちらかと言えば暖かい地方で栽培されることが多いらしい。

 

とはいえ、北海道でのお茶の栽培例もあり、下記のホームページでは茶の栽培の北上が予言されている。ちなみに世界中でもお茶栽培の最北端は北海道らしいです。

 

https://i0.wp.com/kyo-kure.com/wp-content/uploads/2013/05/jikoutyasamitto.png

参考:国産紅茶の産地はどのくらいあるのか | 京都紅茶道部

 

あまり農業には詳しくないので、どうしても食べられるものを育てるのが農業というイメージだったが、お茶栽培も立派な農業である。

 

何が?と言われると苦しいけど、お茶を入れる間、お茶の栽培から乾燥・抽出まで考えていると楽しい。お茶栽培のオリジナルはあまり庶民的には思えなくて、ちょっと優雅な気分になる。

 

 

 

読んでくれてありがとうございます。よかったら読者登録をお願いします。

ネタバレしたい日常系アニメ『氷菓』が実写映画として11月3日から公開!”ひょうか”しちゃうぞ!

 

もう最近、趣味といえばNETFLIXでの一気見といえそうです。

 

ここ数日でわりと気に入ったのが、2012年に放送された『氷菓(ひょうか)』というアニメ作品です。アニメーション制作は『けいおん!!』でおなじみ京都アニメーション

 

地方の県立高校生の帰宅部か文芸部といった雰囲気の「古典部」での男女4人の何気ない日常の様子が描かれたほっこりとするアニメです。

 

見ていると本当に公立高校生の日常の事に思えるのですが、原作はミステリー小説だそうで、言われてみればちょくちょくミステリー要素が登場する作品です。とはいえ、金田一少年の事件簿のように人が死にまくるという事はなく、その辺やはり日常系です。

 

さて、タイトルの『氷菓』ですが、これは「古典部」のほぼ唯一の活動といえる文化祭の出し物の文集のタイトルで、45年の伝統があります。アニメの2話から5話ぐらいまでは、この由来に迫る話で、登場人物の性格や作品の世界観がよくわかる素晴らしいストーリーでとても引き込まれます。

 

もし時間があれば、初めの方だけでも観ることをオススメしたい作品です。

ネタバラシしたいところですが、やめておきたいと思います。

 

普通の高校生たちの日常が心地よい作品です。安心して見ることができます。不思議とつまんなくはなくて、僕も公立高校の卒業ですが、その雰囲気に浸ることができました。見終わった後も、空気感が自分を包む感じでなんだか幸せです!

 

2017年11月3日から山崎賢人広瀬アリスらの主演で実写映画が公開されるようです。タレントさんの力はすごくてPVだけで既に公立高校のほっこり感が失われていますが、ストーリーは文集『氷菓』の名前の由来のところで、上でもオススメした部分です。

 

「いい映画だといいなぁ」と期待しています。

 

 

 

読んでくれてありがとうございます。よかったら読者登録をお願いします。