メイケロのブログ

自宅オフィスをカフェに改装しようと企むブログ

倉庫から洗濯機と不用品30箱を持ち込んだら、自宅カフェ壊滅しました

節約のため、借りていたレンタル倉庫を解約しました。

 

倉庫には洗濯機ぐらいしか入れていないつもりでしたが、必要なものが洗濯機だけの間違いでした。不用品が他に30箱ぐらい(雑誌や本・雑貨など)ありました。

 

せっかく自宅のキッチンをカフェ風に改造して、メニュー開発などしていたのに、多めの荷物で台無しです。

 

結構粗大ゴミとかもあって、自宅カフェから物の多いキッチンに格下げ状態です。

 

キッチンの他にも、別の部屋に30箱くらいのダンボールが増えました。1年以上なくても困らなかったことを考えると不用品なのだと思います。

 

そんな荷物の整理に追われています。

 

昔は、僕もモノがもったいないと考えていたので、滅多にモノを捨てませんでした。けれども、長い賃貸生活でモノを置くスペースと移動するときの労力が勿体無いに変わってきて、モノ自体に対する執着は薄れました。

 

今は、バシバシ捨てることができるのでそんなに片付けに時間はかからないはず。

 

もったいないという気持ちは、もしかしたら価値があるかもと思う時に出てきます。なぜか家にある、イーゼルとかコンプレッサーとか、売れそうかもと思います。

 

よく、モノを買う時に長く使えるものをと言います。個人的には、洋服などは全て(ブランド物でも)消耗品だと思います。

 

代わりに電化製品は、想像より長持ちする印象です。10年使うと思って買っても、20〜30年同じものを使うかもしれない感じです。

 

その辺を考えると、家具とか家電とか、家を買うぐらいのつもりで選ぶといいのかもしれません。家具・家電と洋服は同じタイムスパンで考えて購入していましたが、年月を経て、保存具合の違いが出てきた感じです。

 

読んでくれてありがとうございます。ぜひ、読者登録をお願いします。