メイケロのブログ

 メイケロの自宅カフェ

    自宅オフィスをカフェに改装しようとたくらむブログ

昔は中途採用とか組織に入っていけなくて難しかったに違いない…。

 

昔なら35歳、最近だと40歳くらいを過ぎると転職が難しくなるらしいと聞いたことがある。若い頃は、そんなばかな。楽したいだけだろうと思っていたけど、どうも違うらしい。

 

そのことについて、実体験をもとに考えてみる。

 

終身雇用が崩壊したと耳にして久しい。それに伴って、転職市場も発達しているというのが、伝え聞くところの世の中の流れだと思う。また、職場ではますますコミュニケーション能力が必要だというのもよく聞くところだ。

 

一方、メディアでは聞かないけど、自分が転職をしてみたときに感じたのは、職場の序列の間に入っていくのはそう簡単ではないということだった。明らかに能力や実績が上回っていて、雇用契約で決まっていても若いゆとり世代はグチを言うし、団塊世代は気軽に契約を捻じ曲げる。最低なコンビだ。

 

近頃では解決策として、高待遇で採用した、転職者をすぐに降格させてしまおうという試みも存在する。それによって、中高年の中途採用はしやすくはなっている。

 

かくして、中途採用ともなると自然と下の方に位置付けられて、残業時間の嫌がらせの中で、頭の悪い後輩に遠回りにアドバイスしながら仕事をすることになる。

 

家族とか、子供とか、住宅ローンとかガッチリ縛られていれば、歯を食いしばって働くこともできたかもしれないけど、僕にはあまりにしがらみがなかった。

 

そんな訳で、なるべくきちんと文章で取り決めた組織を、自分で作ろうと思うにいたった。問題点は、もちろんお金の調達や人手など。

 

「今後、金持ちになれない」と言われると、そうかもしれないと言う不安感はある。

 

 

 

読んでくれてありがとうございます。よかったら、読者登録をお願いします。

 

 

広告を非表示にする