メイケロのブログ

自宅オフィスをカフェに改装しようと企むブログ

ネットで自己表現する人達を知るまでは、高校時代に勉強とかもう少し頑張ればよかったと思ってた。今は、今を頑張れと思う。

 僕がネットでブログを書こうと思ったのは、Twitterで順調にフォロワーを増やすあるイラストレーターに興味を持ってからだ。Twitterでも、Facebookでも、はてなブログでも自分の仕事に対して、レスポンスを可視化したことがここ10年くらいでは、いちばん目新しく感じる。

 

 今までは、自分に対する評価は、学校や友人や職場などごく狭い範囲だった。資格とか学歴は他のコミュニティーでもある程度通じる評価されるための道具だったと思う。

 

 可視化されたネット上での人気は、資格や学歴とは明確に異なる。資格や学歴があるか無いかの1か0なのに対して、ネット上の人気は0から数百万の連続値になっている。

 

 注意深く、変化を観察していけば、フォロワーの増え方が人それぞれ違っていることがわかる。数多くの試みの中で人気を獲得したいというネットの世界にとても心奪われた。

 

 もし、同じような資格や学歴の人がいたとしても、ネット上で得られるレスポンスは大変違ってくると思う。コミュニケーション力とかバカなことを言う人もいるが、それは違うので、それについてはまた書く。

 

 つまり、同じ能力があっても同じ結果が得られるわけでは無いという理解と、工夫次第で拡大のスピードが違ってくるという、現在な気づきがネットの世界にはある。

 

 僕の高校生時代にはこんな便利なものはなかったので、今は高校生に戻ってやり直したい、みたいな後悔はない。今が大事。

 

 読んでくれてありがとうございます。偉そうなことを言って申し訳ありませんでした。もし良かったら読者登録をしていただけたら、とても励みになります。