メイケロのブログ

メイケロの自宅カフェ

自宅オフィスをカフェに改装しようとたくらむブログ

    f:id:meikellog:20181009134535p:plain
    改装中
    f:id:meikellog:20181009134535p:plain
    改装中
    f:id:meikellog:20181009134535p:plain
    改装中
    f:id:meikellog:20181009134535p:plain
    改装中

これは来る!!と思ってた投資信託の『チャイナフォーカス』が繰上償還で涙してる

f:id:meikellog:20190711212003j:plain

(画像:いらすとや

 

今年の5月ぐらいに積立NISAの口座を作ってから、100円投資信託を楽しんでいます!個別の株と違って、あまり値動きを気にしなくて良いのが良い点です。

 

投資信託を買い始めてから、資産バランス【国内株・外国株・債権・ハイイールド債・新興国債権・国内REIT・外国REITコモディティ(goldや石油など)】を意識するようになりました。( ↓ そのことは下の記事で書きました!)

100円の投資信託でアセットアロケーションを楽しむのが趣味性が高くて良い! - メイケロの自宅カフェ

 

マネックス証券を使っているのですが、月に1度おすすめ資産ポートフォリオが解説動画とともに3種類(リスク許容度別)提供されているので、それに合わせてちまちま買っていくのが楽しいです。

 

投資の中で資産バランス(ポートフォリオ)を意識し始めてから変わったことは、どうも自分は自分で思っているより国内REITと債権が好きで、株式全般に苦手意識を持っているらしいとわかったことでした。

 

ただ、それだと目標のポートフォリオに近づけられないので、最近は苦手でも株式の投資信託も買うようにしています。いざ選び出すと、株が苦手と言ってもリスクの許容自体はできるのでついついアクティブファンドを選んでしまいます。

 

そんな中で、新興国株の担当として自分に刺さったのが『マネックス・フルトン・チャイナ・フォーカス(愛称:チャイナフォーカス)』でした。ポートフォリオのスパイスとして初めは500円から買いました。

 

他にインドの債権も少額買いましたが、これもポートフォリオを意識してなかったらこんな買い物はしていないと思います。自分のポートフォリオ構築を通じて世界をみるのは想像以上に面白いことだと思ってます。

 

それで、最近は中国のGDPの伸びがすごくてアメリカを2030年代に追い越すかもしれないと見たことがあるので、もう少し『チャイナフォーカス』いっとこうかなと思った矢先、無期限だった投資信託が不人気で償還(3ヵ月後ぐらいに強制決済)になりそうだという通知をいただいてしまいました。涙です。

 

パクス・チャイーナ成らず。(パクス・アメリカーナパクス・ロマーナなどパクス〇〇は覇権国の威光による経済的繁栄のこと。パクスはローマ神話に登場する平和と秩序の女神。)

 

と言うわけで、僕の新興国株投資は振り出しに戻ってしまいました。。まぁ、額も小さいし楽しいのだけど。

 

さて、ここ1週間ぐらい、マネックス証券楽天証券SBI証券は米国個別株の購入手数料の引き下げ競争をしていて、マネックス証券では、この1週間で最低手数料が5ドル→0.1ドル→0.01ドル→0ドルと切り下がったようです。(個人的には米国個別株はしばらく先になりそうです。よくわからないから。強引な広告で締めくくります。)

 

マネックス証券の口座開設はこちらから。

 

 

 

 

読んでくれてありがとうございます。よかったら読者登録をお願いします。

IIJmio(みおふぉん)

今年(2019)の東京藝大の卒業制作展で話題だったアニメ作品『微睡みのヴェヴァラ』がユーチューブで公開開始!

 

f:id:meikellog:20190710205645j:plain

(画像出展:https://twitter.com/fujisaki_k/status/1091153025450704896?s=20

 

なんの仕事だったか?すでに覚えていない自分の記憶力がやばいですが、僕は確かに2019年の1月末に東京上野で時間を持て余していました。。

 

その時に立ち寄ったのが東京藝大の卒業制作展でした。

=>Twitterで話題の東京藝大卒展(2019.1.28-2.3)の卒業生作品3点 - メイケロの自宅カフェ

 

その時の感想とともに、ブログ記事に印象を残していました。確か、外国人の作品があまりよくなかったような…。先日の記事の話でいうと、留学生の作品はレシピがすごいけど厨房の熟練度がいまいち、と今は言葉に落とせます。日本人なので、やはり匠の技的な上手い作品が自分は好きみたいです。 

 

それは、さておき。卒展の記事で紹介していたアニメーション作品『微睡みのヴェヴァラ』が先ほどYouTubeで公開になったとTwitterで見つけたので、リンクをシェアしたいと思います。

続きを読む

【競争戦略】競争に打ち勝つレシピの強さと厨房の強さの違いが分かりやすかった【ストーリー】

f:id:meikellog:20180826161132j:plain

 

図書館で借りて、一橋大学大学院教授である楠木建さんの『ストーリーとしての競争戦略』という本を読んでいます。まだ、1/3ぐらいまでしか進んでいないけど、企業の競争戦略を、飲食店におけるレシピの強さと厨房の強さに分けて考える例がわかりやすかったのでシェアします。

 

(自宅カフェっぽい…)

 

まず前提として、企業の場合は利益を追求するので、できるなら儲かる業界・業種のビジネスをするのが良いということ。カフェで限定するなら、人通りの多い立地がこれに当たります。 

続きを読む

年金2000万円不足問題が気になったので、「ねんきんネット」を申し込んで絶望した…

 

f:id:meikellog:20190701173348j:plain

うなちゃさんによるイラストACからのイラスト】

 

ちまたで話題の年金だけでは2,000万円ぐらい赤字になる問題。衝撃的すぎて、前回うっかり本業(?)のデータを出してしまいましたが、撤回しました。どうぞ忘れて下さい。

 

年金と言えば、やはり「ねんきん定期便」と「ねんきんネット」でしょうか?

 

ねんきん定期便」は年に1回、郵便で送られてきます。これまでに国民or厚生年金を納付した月数と、これまでに支払った保険料で戻ってくる年金額が記されています。

 

ねんきんネット」は「ねんきん定期便」のインターネット版のような存在で、「ねんきん定期便」に記載された番号をもとにネット上で申し込むと1週間ほどで見られるようになります。

www.nenkin.go.jp

 

今回、年金のことは、やはり、年金の額をきちんと把握することから始めようと思って、「ねんきんネット」に申し込んでみました。

 

そして、衝撃を受けました…

 

ねんきんネットでは、納付実績に基づく現在時点での支給予定額ではなくて、このままその状況が続いた時に65歳で受け取れる年金額がバチッと出ます。マクロ経済スライドというのもありますが、ほぼ、その額が受け取れると考えてよさそうです。

 

赤字額が2000万円になるかはさておき、自分の場合は、ひと月当たりの受給額だけから考えると、住宅ローンがあったらダメだし、もしかしたら冬場の暖房代で赤字になるかも知れないというような金額でした。

 

予想以上に人生見えたな!と思いました。

 

ねんきんネット」に申し込んでみた結果としては、年金2000万円不足問題は非常に身近な問題で、自分自身なんとかしないといけないなと思い、かつてなく絶望したのでした。

 

暗い感じで申し訳ないです。

 

ねんきんネット」を開通すると、自分の年金が非常に頼りない資産として腹に落ちるし、老後の生活もイメージしやすくなるので、おすすめと言えばおすすめなのですが、見ない方が楽しく生きられるかも知れません…

 

 

読んでくれてありがとうございました。よかったら読者登録をお願いします。

IIJmio(みおふぉん)

アフィリエイト目的でジャパンネット銀行の口座を開設したら、意外とクセが強かった件

 f:id:meikellog:20190604012406p:plain

最近、投資信託に激はまりして、購入資金の2000円をなんとか捻出できないか苦心しています。

 

小銭を作ろうと思ったら、自己アフィリエイトで個人情報を売るのが早いですよね!

 

そんな訳で、『えんためねっと』でいくつかクセのある自己アフィリエイト案件をこなしてみましたので、気がついたことをご紹介します。

無料でお小遣いを稼げるお得なサイト!『えんためねっと』

 

ジャパンネット銀行公営ギャンブルに特化

正直、アフィリエイトとは言ってもいくつも銀行口座を作っても結局使わなくなってしまいます。そんな中、ジャパンネット銀行の口座は異彩を放っていると思ったのでご紹介します。

*今回口座開設したのは個人向け口座です。法人向け口座ではありません*

www.japannetbank.co.jp

 

ジャパンネット銀行の特徴を一言で言うと、ズバリ「公営ギャンブル特化」です!ロトやナンバーズ、BIG-トト、競馬・競輪・オートレースのインターネット購入の為の手続きが、他の銀行では類を見ないほど簡単に出来ます。

続きを読む