メイケロのブログ

メイケロの自宅カフェ

自宅オフィスをカフェに改装しようとたくらむブログ

    f:id:meikellog:20181009134535p:plain
    改装中
    f:id:meikellog:20181009134535p:plain
    改装中
    f:id:meikellog:20181009134535p:plain
    改装中
    f:id:meikellog:20181009134535p:plain
    改装中

スマホゲー『FGO』のせいで、UQmobileから1,000円安い日本通信の通話プランに移行出来ないという話

 

現在、僕の契約しているスマホ契約は、「UQモバイルスマホプラン S」というもので、月額1,980円でデータ通信3GBと音声通話が使えます。他の格安Simと比べて、特段安いわけではないですが、通話定額のオプションが優秀で+500円でひと月60分の無料通話をつけることができます。

という訳で、1980円+500円(+消費税)で合計2,730円(税込)がここ数ヶ月、僕が支払っている携帯料金になります。

 

それ以前は、IIJ mioの通話プラン1,600円(+消費税、通話料別)を使っていましたが、通話料込みの利用料はUQモバイルの上記プランとさほど変わらない利用実績でした。移ってみて、UQモバイルの(高速)←→(低速)を切り替えるスマホ画面が見やすくて操作も簡単、低速でも300kb/sを確保していることが予想以上に使いやすかったです。

 

そんな、UQモバイルですが、2020年10月1日から通信大手KDDIのサブブランドとなってしまいました。使い勝手は、変わらないですが、昨今の国からの携帯料金引き下げ要請を受けて、「UQモバイルから20GBで4,000円以下のプランを提供予定」などの発表もあり、KDDIのネタ提供ブランド化した感があり、モヤモヤします。

 

UQモバイル スマホプランS」は価格とパフォーマンスが素晴らしいと思っていますが、上記KDDIの動きから先行きの不安感を感じますので、移転先を探していたところ、ほぼ同じ条件でおよそ1,000円安い「Wスマートプラン|日本通信SIM」というのを発見しました。データ3GB、音声通話無料70分付き、FiNCアプリ(健康管理アプリ)利用料付きで月額1,740円(税込)です。

 

www.nihontsushin.com

 

月額1,000円安いというのは、個人的にとても魅力を感じますが、プランを移行することをためらわせているのが、タイトルの通りスマホゲームのFGOこと『Fate/ Grand Order』です。数年前は重課金アプリとして話題になっていましたが、最近はやや落ち着いてきています。

Fate/Grand Order

Fate/Grand Order

  • Aniplex Inc.
  • ゲーム
  • 無料
Fate/Grand Order Waltz

Fate/Grand Order Waltz

  • Aniplex Inc.
  • ゲーム
  • 無料

 

その『FGO』をスマホゲームの中では好んで遊んでいるのですが、ひと月に2〜3回ぐらいアップデート(50~100MBくらい)のダウンロードが必要になります。この時、格安SIMの低速回線ではダメなのです。Wifiか高速回線がなければ快適に遊べません。

 

恐ろしいことに、「UQモバイル」は『FGO』と相性が抜群です。(低速)← →(高速)を簡単に切り替えられるので、アップデートやつながりにくい時だけ高速回線に切り替えるとひと月3GBで十分、快適に遊ぶことができます。

 

その一方、移転先として考えている「Wスマートプラン|日本通信SIM」では、現在、(低速)← →(高速)の切替はデータ容量を使い切った時だけしかできないようです。月末には、データ容量を追加購入するか、駅前にwifiを拾いに行くか検討しなければいけない不幸な利用環境となってしまうことが想定されます。

 

日本通信はずっと新しい取り組みで格安SIM業界の先頭を歩んでいる一方、やはり、もう一歩が足りない感じがして、苦虫を噛みつぶす思いです。

 

という訳で、次善の策として、やはり格安SIMの「UQモバイル スマホプラン S」を当ブログではオススメしたいです。スマホそのままでSIMだけ交換すると10,000円が貰えます。スマホを同時購入すると、iPhone SEなどが若干お得に購入することができます。(本当は、あと500円〜1000円安くなる期待もしているけど。)

 

 

読んでくれてありがとうございます。よかったら読者登録をお願いします。

AI不動産査定サービス『HowMa』で自宅カフェの不動産価格が1.3倍に!注目のベンチャーを考えてみる

 

昨年から、自宅カフェのあるマンションをAIで不動産査定ができる『HowMa』という怪しげなベンチャーがやっているサービスに登録しています。転職サービスだったら「転職するの?」不動産査定だったら「家売るの?」と思われそうですが、そんな感じではなく、軽い気持ちで新しいサービスを使ってみるという感じで登録しました。

 

運営しているベンチャー企業は、『Collabit』という田町駅近くにある会社で、恐らく社員数は数名から10名以下ぐらいです。ホームページを見たら、ベンチャー感あふれる感じで好感が持てます。恐らく、『HowMa』のサービスも「AI(重回帰分析かな?)で不動産価格がわかったら面白い」というところから走っていて、売り上げはこれから考えるという感じに思われます。実際、登録しても費用などは発生していません。

 

その『HowMa』は定期的にダイレクトメールが送られてきますが、先日のぞいてみたところ、突如、自宅カフェのマンション価格が「先週比+208万円」となっていました。実に怪しいです。ちなみに実勢価格は築50年ということもあり、300万円ぐらいと思われます。周辺の新しいマンションに査定額が引っ張られているようです。

 

f:id:meikellog:20201020202606p:plain

(2020.10.19 査定)

続きを読む

生活に必要なのは、『衣・食・住』か、『仕事と家』か?

 

f:id:meikellog:20201006231604p:plain

最近、NETFLIXで『Re:ゼロから始める異世界生活 新編集版』というアニメを観ました。チートな能力を持って生まれ変わるのが異世界物の特徴ですが、この作品では転生した主人公がめっぽう弱く、人間的な醜さをさらけ出しながら、強敵だらけの世界で生きていく(死んでいく?)異色の物語となっていて、人気があるようです。

 

その作品で、「生活の基盤は、仕事と家です。」みたいな、セリフがあって、なるほどなぁと引っ掛かるところがあったので、自営業的な自分の境遇を踏まえて、少し考えてみました。

 

 『仕事』と『家』。なるほど、どちらも一時的にでも失う事があれば、生活には大きな影響が出ます。『仕事』と『家』は空間的な近さも必要で、最近の新型コロナによるテレワークのような『家』に『仕事』を引き寄せるような選択もありますが、基本は『仕事』の都合で『家』の場所が決まる事も多いようです。

 

僕は、【メイケロの自宅カフェ】などと、ブログをやっているぐらいなので、『家』にはこだわりのある方です。ですが、テレワーク以前の自分の働き方から考えると、『家』を先に決めてしまって、『仕事』はなんとかなると考えるのは危険です。案外、ひと月数万円ぐらいを稼ぐ気楽なアルバイトって無いものです。

 

昨日、日経新聞で住宅ローンを組む時の完済する平均年齢が20年で5歳上がって、73歳になったという記事を見ました。一般的な定年の60~65歳を超えてローンを組む事ができるのは、退職金や退職後のアルバイト収入を期待してとのことですが、テレワーク以前の社会では、退職後のアルバイトの計画は計画通りいかなかったのではないかと思っています。

vdata.nikkei.com

 

生活の基盤は『仕事と家』だと考えるには、現代日本の仕事環境は少々厳しいようです。老若男女、仕事への渇望が感じられます。

 

ところで、生活の基盤が『仕事と家』だという考え方。何か、自分の知識と比べて足りない物があるような気がしませんか。

 

具体的には、自分は長く生活の基本は『衣・食・住』だという覚え方をしていた気がします(中学校の家庭科かな?)。ベースとして、仕事なんて在るもの(無いもの?)なので、それを前提として、身なりを整え、空腹を満たし、雨風しのげる家屋があれば良いという考え方との相違について。

 

テレワーク社会の現代、生活の基盤である『仕事と家』は、自分の場合、マンションとノートパソコンと僅かな運転資金と原付バイクがあれば良いという事になります。その一方で、自分のブログで求めていたものは、『衣・食・住』それから『趣味』が充実した別のものだったような気がして、モヤモヤとした気持ちになるのです。

 

 

読んでくれてありがとうございます。よかったら読者登録をお願いします。

プレステ5の抽選に当たった!ゲーム機買うか検討するのはスーファミ以来、どうしよう!?

 

なんか『プレステ5』、予約でちょっと盛り上がってたじゃないですか?それで、某家電量販店で予約ページにつながらないし、いざつながったら、倍率 30倍とかで絶対当たらない見込みで申し込んだら、当たってしまった、という話。

 

f:id:meikellog:20200925165457p:plain

 

そもそも、『プレステ1』の頃にはゲームに興味を失っていて、その前に買ったのが小学生の時の『スーパーファミコン』なんですが。

 

当たって嬉しいという気持ちより、「私立大学の入試の倍率みたいなものでしょ?」とか「購買歴で買えそうな(大)人選んだでしょ?」とか「家にテレビ無いです。モニターでおけ?」みたいな感想です。ゲームとか、スマホの『FGO』だけで十分なのに…。

続きを読む

【Bamboo Slate】アニメーション実験(その2)|秒速5フレーム

 

先日、ワコムの『Bamboo Slate』を購入したので、デジタル絵を仕事に取り込むべく、四苦八苦しています。前回、画像8枚でアニメーションを作ってみましたが、もう少し画像を増やして、今回は29枚でおよそ6秒のアニメーションを作成してみました。

 

ストーリーは、インスタントコーヒーのフタを開けて、コーヒーカップに粉を入れ、お湯を注いで、最後に角砂糖を入れるという日常風景です。普段、角砂糖は入れませんが、それ以外は、日常生活でやっている事をアニメーション化しました。

 

それでは、完成品がこちら。


インスタントコーヒーをいれる

 

反省点としては、はじめのフタを開けるところは丁寧にコマを書いているので、まあ良いと思います。スプーンで粉を入れるところがコーヒーとクリープが一体になって見えるところと、カップにお湯を注いで、角砂糖を入れるところがコマが足りないところが改善できそうな点です。

 

個人的には、そんな反省点より、やたら時間がかかる作業の手間を反省したいところですが、アニメーションとは根気なのでしょう。

 

こちらが下絵です、鉛筆で下絵を書いて、専用のペンでなぞるとデジタルになります。あとは、『Stop Motion』というアプリで1つの動画につなげました。

f:id:meikellog:20200922155035j:plain f:id:meikellog:20200922160929j:plain

 

やたらと趣味性が高い(時間がかかる)ですが、『造ってる感』が楽しいです。1枚1枚の絵の下手さが完成に効いてくるので、反省しようもないですが、これは趣味として育てていければ良いかなと思ってます。

 

 

読んでくれてありがとうございます。よかったら読者登録をお願いします。