メイケロのブログ

 メイケロの自宅カフェ

    自宅オフィスをカフェに改装しようとたくらむブログ

客観的に自己評価をしてみたら、自分は本をたくさん持ってる大した事ないやつだとわかった日。

 

 社会人になってから多く引っ越したり、都心部の狭い家で過ごしてきたのでなかなか自分の持ち物を振り返る機会がありませんでした。

 

昨日、倉庫のダンボールに収納されていた書籍を、本棚へ並べて見ました。本棚と言っても、無印のハードボード製の棚と和室の床(とこ)ですが、とにかく持っている本を並べて見ました。

 

結果、400冊ぐらい本があって、自分を振り返る上でこれまで考えていたより、特徴的だと思いました。大学の教授とかだと蔵書1万冊とかいう人もいるらしいので、それから見れば少ないですが、一般的に言えば本が多い家だと思います。

 

これだけ荷物を持っているにも関わらず、自分の目指すイメージはカフェのようなスッキリした場所で作業するイメージだったので、家があまり好きではなかったのも納得です。(ちなみに、僕は図書館はあまり好きではなく、書店は好きです。)

 

20冊くらいの本から深く学んで、アウトプットする事で十分な成果を出すことが今のインターネットの世界ではできると思うので、そう考えるとインプット型で過ごして、アウトプットにまだまだ課題があると自己分析できます。

 

ちなみに推定400冊は畳三畳の長編2つと短編1つが天井までの本棚で埋まるくらいの分量です。そろそろ書庫が欲しいと思うくらい。

 

全部ガバッと捨てて、新しく何か始めるのもありですが、ここからさらに積み上げて行くこともできるかもしれないと思った1日でした。上手く、自分の気持ちを書けていませんが、あぁこれが自分だ!と再認識したという話でした。

 

 

読んでくれてありがとうございます。よかったら、読者登録をお願いします。

 

広告を非表示にする