メイケロのブログ

自宅オフィスをカフェに改装しようと企むブログ

『Amazon unlimited』で独身男が女性誌Rayを立ち読みした感想を書く その2

 

Amazon unlimited』を30日間の無料利用で試している。女性向け雑誌Rayを見たら、結構狙い所が明確で面白いと感じたので感想を書くことにした。

 

前回は、バッグ(鞄)が他の商品に比べて高額で重要なアイテムとしてプッシュされている事について書いた。また、その高額な商品をプレゼントしたら、どうなるの?という男性目線の見方も少し紹介した。僕が読んだのは9月号だったけど、8月号も念のためにみて見たところ、巻頭のバッグ紹介ページはティファニーのジュエリー紹介となっていたので、ほぼプレゼント(ならこれがいい)コーナーとみて間違いなさそうだ。

 

さて、9月号に戻ってもう少し、感想を書こうと思う。実のところ、写真部分については「華やかだなぁ」と思うぐらいで、そんなに深く気にならない。代わりに、文章が気になる。

 

特集アンケートで「みんなが思う”モテる女のコ”って?」という18〜25の男性に街頭インタビューした記事がある。この回答がとても気になった「落ちついた色の服でもふわふわしてる素材だったら女のコらしい」とか「学校とは違ったミニBag持ってこられたらあっ!!いつもと違う!と思ってドキドキする」とか。

 

微妙な外見上の変化を捉えて→違いを説明してから→感情を込めて褒める

 

という流れになっている回答が多くて、近頃の大学生は随分頭がいいなぁと感じた。。観察力・説明力・共感力・認める力が必要なのだろう。

 

他に感心した事は、「卒業」に対する段取りの良さだ。モデルの美優さんがこの雑誌を卒業するという記事がある。それに対して、同僚からのコメント・ヒストリー・本人の「このお仕事が好きだから一生モデルとして生きていきます」というポートレートとコメントを3ページで綺麗にまとめあげている。おそらく、男性誌なら簡単な写真と200文字ぐらいの本人コメントで済ましてしまいそうだ。そんなところから、節目における別れの段取りを効率よく学ベる記事になっている点が目新しく思った。

 

使い方が良いかどうかはさておき、『Amazon unlimited』では、普段見られないものが見られて面白い。女性誌Ray9月号の立ち読み、完。

 

 

 

読んでくれてありがとうございます。よかったら読者登録をお願いします。