メイケロのブログ

 メイケロの自宅カフェ

    自宅オフィスをカフェに改装しようとたくらむブログ

3日悩んで、10年物のプリンタを更新しました!エコタンク搭載を諦めるのが大変で…

 

我が家のプリンタはエプソンのPX-V630というエントリーモデルで、2006年に1万円強で購入しました。

 

かすれるとか問題もありましたが、ヘッドクリーニングをするとある程度改善するので、なんだかんだ愛用していました。

 

途中、A3のモノクロレーザーの安いやつを手に入れたこともありますが、あまりの重さに引越しの時に処分しました。

 

そんな我が家のプリンタですが、数年前からwifi接続できるものが登場して気になっていました。これまで買い替えにはいたらなかったのですが、この度、仕事にも使うという大義名分のもと買い換えることにしました。

 

 

なんか最近このブログ記事が、新型バイクに驚いたとか、新車に驚いたとか、急須に驚いたとか商品紹介みたいな感じになっていますが、今回はプリンタに驚きました。

 

昔からエプソン派なのでエプソンの話になりますが、本体を安く売って消耗品のインクで稼ぐというビジネスモデルが、社外品の激安インクによって破綻しかけているようです。

 

そこで登場したのが、エコタンク搭載モデルという純正品でもインク代のページ単価が1/10くらいになる新商品です。従来のモデルで1枚6~13円だったカラー印刷が、1円以下のコストになるのです。また1度インクを補充すると、6000ページも印刷できるとか。

 

とはいえ、印刷単価が下がる代わりに、エコタンク搭載モデルでは本体の初期購入費用が大幅に高くなっています。

 

それで、今回検討したのが以下のモデルです。

 1.エコタンク搭載A4カラープリンタ 34,538円(税込)

 2.エコタンク搭載A3カラー複合機  118,778円(税込)

 3.従来型A3カラー複合機      46,418円(税込)

 

2のエコタンク搭載型と3の従来型はほぼ同じ機能ですが、ランニングコストを削減できることに対して、およそ7.2万円の付加価値がついています。

 

2のエコタンンク搭載モデルでは、初回パッケージにおよそ12,000枚刷れるインクが付属していて、3の従来モデルで同じぐらいの枚数を印刷すると本体+インク代で同じぐらいのコストになります。ちなみに3の従来型の純正インクは4色セットで9,500円くらいします。

 

エコタンク搭載なら間違いないとか。A3は滅多に使わないとか。A3があったら便利かもとか。大量に印刷するのは成果物がお金になる時なので、ランニングコストは問題ないとか。A3プリンタは重いのでA4がいいとか。互換インクにはいい思い出がないので純正がいいとか。2台持ちにすれば解決するとか。スペースの問題でなるべく多くの機能がまとまっている方がいいとか。貯金を取り崩すのが勿体無いとか。仕事道具はケチっちゃいけないとか。グダグタ3日くらい悩みました…。

 

その結果、3の従来型のA3カラー複合機を買うことにしました。基本的には、仕事をしなければランニングコストはかからないし、仕事が多ければランニングコストは気にならないという考えで、コスト削減の意識は低めです。パッと見の整ってる感を重視しました。

 

f:id:meikellog:20171224193545p:plain

(出典:エプソンダイレクトショップ)

 

プリンタもなんだかんだで10年くらいもってしまうので、高い消耗品代の問題に悩まされ続けることが確定しました。非常に残念です。

 

 

 

読んでくれてありがとうございます。よかったら読者登録をお願いします。